最新ニュース 話題の芸能ニュース

百日ぜき激増 肋骨折ることも

激しい咳の発作を伴う「百日咳(ひゃくにちぜき)」が猛威をふるっている。子供の病気として知られているが、最近では大人の感染者も激増している。全体の40%が20歳以上で、2009年は大流行が懸念されている。どうしてそうなったのか。

20歳以上の感染者が全体の40%を占める
国立感染症研究所 (東京都新宿区)によると、全国での感染件数は08年1〜4月で851件が報告されている。なかでも20歳以上の感染者が年々増加し、全体の40%を占める。20歳以上の割合が2%だった00年と比べると、08年は大人の感染者が激増していることがわかる。

地域別では、千葉県がもっとも多い。千葉県健康福祉部疾病対策課によると、08年1月からの4カ月間で、227人が感染した。そのうち20歳以上は170人で、75%を占める。

感染者が多い理由について同課の担当者は、「千葉県だから多いという特定の理由はないと思う。県内の病院に注意を呼びかけているため、医師が発見する確率が高まったのではないか」と、話している。

百日咳の初期症状は軽い咳で、医師でも間違うほど、風邪の症状によく似ている。その後激しい咳の発作が起こる。夜間に目が覚めることや、咳き込んで肋骨が折れることもある。症状は約3週間も続く。

感染源は咳やくしゃみの飛び散りだ。国立感染症研究所に所属する内科医によると、「1人の患者から平均10人に感染する」と、麻疹(はしか)に次いで感染が広がる確率が高い。

07年には大学での集団感染も起こった。07年5月に香川大学で学生や職員75人が感染し、1週間休校になった。

08年は、今のところ国立感染症研究所に報告はきていない。「だいぶ時間が経ってから情報が出る。伝わる頃には、既に感染が拡大している」と、懸念される。

今後は思春期のワクチン接種が必要?
百日咳の予防にもっとも有効なのは、ワクチンの接種だ。多くの人が乳幼児期に接種していて、乳児の感染数は年々減っている。

一方で、20歳以上の感染者が増えているのはなぜか。

2つの原因が推測される。1つ目は、乳幼児期に接種したワクチンによって作られた免疫は持続期間が短く、年を取るにつれて低下する。2つ目は、ワクチンが普及して乳幼児期の感染者が減り、免疫を持たない大人が増えていることだ。

そこで、思春期にワクチンを接種する必要性を訴える声も上がっている。近年、大人の百日咳が大流行した欧米では、乳幼児期に加えて思春期にもワクチンを接種する機会を設けた。

国立感染症研究所では、感染者の実態調査て、医師が感染者を診断した場合に、その情報を登録するよう呼びかけていく。

「大人の感染者数は増え続けている。09年はさらに深刻になるだろう」
と、思春期のワクチン接種の導入も含めて、早急に対策を考えなければならないようだ。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/3625174/

関連記事一覧

ガソリン価格「連休中は値上がりしない」はずが…甘い政府

政府は、ガソリン税の暫定税率が復活しても直ちにはガソリン価格は上昇しないとの見通しを示していたが、実際には、1日から値上げが相次いだ。

 町村官房長官は4月23日の記者会見で、「どのスタンドも(安い税率で仕入れたガソリンを)タンクいっぱいに貯蔵して備えていると思う。全部使われるのに1週間くらいかかるのではないか。連休中に一気に値上がりすることには多分ならない」と述べていた。

 しかし、1日の記者会見では「(値上げが)多いか少ないかまだ分からない。(スタンドの)判断の是非を私が問うことはできない」と述べるにとどめた。

 政府は、ガソリン価格が一気に上がった背景には、便乗値上げもあるのではないかとの見方を示唆している。福田首相は1日夜、「便乗値上げが起こらないように、経済産業省に今日も監視を指示した」と官邸内で記者団に語った。

引用元:http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/
n_zantei_zeiritsu4__20080502_4/

関連記事一覧

首都圏ガソリンスタンド8割が値上げ、30円前後

ガソリン税の暫定税率が復活した1日、首都圏のガソリンスタンド(GS)は、軒並みガソリンの値上げに踏み切った。

 GSの業界団体「全国石油商業組合連合会」が東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県にあるGS約100店舗の価格調査を行ったところ、80%の店舗が前日より値上げしていた。値上げ幅は大半が1リットルあたり30円前後で、同会は「首都圏だけでなく、全国的な傾向」としている。

 東京都江戸川区内のGSでは前日より32円高い153円に。店員は「税率の復活で上昇した仕入れ価格分を値上げしないと店の経営に影響が出る」と話した。36円値上げした西東京市のGS店長も「4月は高い仕入れ値分を安売りした。早めに値上げして、赤字分を穴埋めせざるを得ない」と苦しい胸の内を明かした。

引用元:http://news.www.infoseek.co.jp/society/
story/20080501_yol_oyt1t00649/

関連記事一覧

子供を自殺に走らせる親の「共通項」

硫化水素自殺が続発している。練炭より簡単だからと、連鎖している。今年に入って60件以上。20代の若者とか、30代も目立つ。必ず“兆候”があるのに、見逃す親には「共通項」がある。

「家族が風呂場で倒れている。ガスのにおいがする」――。今月4日午前7時すぎ、大阪府枚方市の会社員(55)宅から、119番通報があった。

 会社員の長女(23)は大音量のロックが鳴り響く中、自宅の浴室で硫化水素自殺を図った。浴室の扉は、粘着テープで目張り。浴室内には液体のトイレ洗浄剤などの容器が数本残っていた。卵が腐ったようなにおい……。助けに入ろうとした母親(47)が、長女に折り重なるように倒れていたという。

 硫化水素自殺はネット上の自殺サイトや掲示板などの書き込みがきっかけで、全国に広まっている(表A参照)。

 硫化水素の生成や浴室の目張りなどの具体的なノウハウとか、「硫化水素発生中、入るな危険」と張り紙するようになどと、事細かに書き込んでいる。中には「必要なものはすべてスーパーで購入できる。必要経費は少額でリーズナブル」などと“アドバイス”する書き込みもある。おかしな話だ。

 とはいえ、簡単に命を絶つ若者を批判しても変わらない。

 茨城8人連続殺傷の容疑者(24)は、「自殺は痛いから」みたいなことを供述していた。それで、死刑になるために犯行に及んだという。それだって育てた親がいる。

【町沢メンタルクリニック 町沢静夫院長】

●親の崩壊が子供の崩壊につながる

 少し乱暴な言い方をすれば、自殺に走る子供がいるのは、順序として、まず親の崩壊があり、次に子供の崩壊が起こるという図式が成り立つ。これは事実として受け止めるしかない。親自身が未熟で、子供をしつける力が欠如しているように感じます。

 相談に訪れる患者の大半は、10代、20代の若者です。「疲れたから死にたい」と、自殺をほのめかす子供も少なくありません。多い時には1日に3、4人の自殺願望者と接します。

 初診時には親子で訪れる場合が多いのですが、ほぼ共通して言えることは「親が冷たい」ということ。子供に無関心で、親の自覚が欠如している様子がうかがえる。

 両親が共働きであったり、片親という場合も多い。どちらも子供と過ごす時間が不足しがちです。それだけに、ひもじい思いはさせまいと、お金はふんだんに渡したり、携帯電話やパソコンをあてがう。寂しくない環境をつくって埋め合わせしようとする。

 しかし、これだけでは親子の信頼関係を築くことはできません。むしろ愛情を感じないと逆効果になることもある。その結果、子供は孤独を感じて家出をしたり、孤独を埋めるために誰でもいいから異性とズブズブの関係に陥るのです。

 異性を自宅に上げても、それどころか自宅で同棲しても、何も言わない親もいる。せいぜい「セックスはするな」ぐらいのことしか言わない。見て見ぬふりは絶対にダメです。親は子供にどんどん口出しして当然。まず、そこから始めてください。(精神科医)

●07年の自殺者 大都市“増”地方“減”

 内閣府は今月11日、昨年1〜11月の自殺者数は、2万8542人と発表した。前年同期より1228人増だ。

 都道府県別では、最も自殺者が増えたのは東京で331人増の2605人(14.6%増)だった。大阪、神奈川、埼玉、兵庫と大都市圏が続く(表B)。

 対して秋田が減少数トップ、60人減の397人。人口10万人当たりの自殺率は35.4人で、12年間続けてワーストワンとはいえ、前年同期の40.3人からは大幅に改善された結果となった。

(引用「livedoorニュース」より)

関連記事一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。